故障の原因と対策

一般的な故障についての原因と対策です。また弊社の調査で実際に起こった事例もまとめております。
 
状況発生個所原因対策
漏れ 本体ガスケット面/O-リング面 ボルトの締め付け不足 増し締めする
ガスケット面/O-リングの不良 新品に交換する
ガスケット面/O-リング当たり面の不良 当たり面の調整が困難な場合は弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
ノズルのガスケット面 ボルトの締め付け不足 増し締めする
配管フランジの倒れ 熱交換器のフランジ面に合うように配管を直してください
ドレンや亜鉛棒取り付け部分等のネジ部 プラグの締め付け不足 増し締めする
シールテープの巻き忘れまたは巻き数不足 シールテープを巻き直す
熱交換器本体の各部分 割れ等 漏れの個所を確認して弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
タンクの液面上昇または下降 O-リングの当たり面 O-リングの当たり面の損傷 弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
O-リング 組立時の噛み込み、破損 O-リングを新品に交換する
拡管部(伝熱管と管板の結合部分) 拡管のゆるみ 弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
伝熱管 伝熱管の破損(腐食、凍結、割れ) 弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
管束 凍結による管束のねじれ 新品に交換する
設定温度にならない   流量が多いまたは少ない 流量をチェックして規定量を流す
高温側流体の温度が規定値より高いまたは低い 弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
低温側流体の温度が規定値より高いまたは低い 弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
汚れが激しい 点検、清掃を実施してください(弊社でも行います)
発生熱量の増加 仕様を確認して弊社に連絡してください
お問い合わせはこちら
その他 不都合がありましたら弊社にご相談ください
お問い合わせはこちら
 
 

弊社の調査で実際に起こった事例

状況

●胴側流体と管側流体が混入した場合
・エロージョン(潰食)
・デポジットアタック(孔食)
・応力腐食割れ
・インレットアタック
・ハンマリング
・凍結
・O-リングによる問題
・締めすぎによるボンネット破損
●流体が外部に漏洩した場合
・デポジットアタック(孔食)
・溝食
 
 
胴側流体と管側流体が混じる

エロージョン(潰食)

内容: 流体の高速流動、渦流、噴流あるいは流体中の固体粒子によって材料表面の保護被膜が機械的に剥離し、 その部分が活性化して腐食が進み破孔に至る。冷却水の流速が早くなり、乱流状態を伴ってくると、 腐食孔は単なる腐食の場合とは異なり強く管壁をえぐり穿孔を早める。
対策: 流速の過大を防ぐ。異物の混入を防止する。
 
  エロージョン   エロージョン  
  ボンネット内に生息していた海洋生物   潰食によるチューブ破損の例  
 

 

デポジットアタック(孔食)

内容: チューブ内面の堆積物によって、その下の隙間部の溶存酸素が欠乏し周囲との間に酸素濃淡電池が形成され、堆積物の下が侵食され、破孔に至る。
また、スケールや泥などがたまっている部分の金属は温度が上昇するため周囲の金属と温度差が生じ、電池作用が発生し腐食を生ずる。
対策: ストレーナーなどのろ過設備を熱交換器の前に設ける。
定期的な点検及び清掃(汚れの具合にもよりますが通常年1回)の実施。
 
デポジットアタック
チューブに発生した孔食
 

 

応力腐食割れ

内容: 構造上なんらかの応力を負荷される部分に堆積物が存在すると、その隙間部に塩素イオンなどの腐食因子が濃縮し、 その部分に孔食が発生、微小な割れが生じます。
そしてその割れの先端に孔食が生じ、割れを発展させ、その繰返しにより割れが拡大し、破孔に至る。
対策: 腐食環境を取り除く。材質を変更する。
 
応力腐食割れ
U字管のU字部付近の応力腐食割れ
 

 

インレットアタック

内容: 流体通路が狭くなる入口付近では流速が上昇し、他の部分より潰食が早く進行し強く管壁をえぐり穿孔を早め破損に至る。
対策: 流速を下げる。定期的な分解・点検・清掃(汚れの具合にもよりますが通常年1回)の実施。
 
インレットアタック
流体入口付近に発生した潰食
 

 

ハンマリング

内容: 流体のハンマリングにより異常な圧力が負荷され、チューブが膨張し、破裂する。
対策: ハンマリングの発生を防止する。
 
ハンマリング
ハンマリングにより破裂したチューブ
 

 

凍結

内容: 管束:温度低下によりボンネット内の液体が凍結し、体積膨張に伴い液体が遊動管板を押し、チューブが変形、管束全体が歪んでしまう。
ボンネット:液体の凍結による体積増加でボンネット内部より負荷がかかり、管板から無理に離れたため、ボンネットが割れてしまった。
対策: 運転停止時には必ずチューブ内の流体を除去する。
 
  凍結   凍結  
  凍結により変形した管束   凍結により破断したボンネット  
 

 

O-リングによる問題

内容:
1.使用する流体に対し、不適正なOリングを使用したため、Oリングの弾性が低下し漏洩。
2.当社のOリングサイズと違うため、噛み合うことができず漏洩した。
3.分解時、Oリングを変形させたまたは硬化したOリングをもう一度使用し、漏洩した。
4.Oリング使用温度範囲を超えた使用をし、Oリングが硬化し漏洩した。
対策: 適したOリングを使用する。ボンネットを取り外し、再度組み立てる際には、Oリングを新品と交換してください。 使用温度を守る。
 

 

締めすぎによるボンネット破損

内容: 異常なトルク値で、ボンネットに負荷がかかり割れが発生。
対策: トルクレンチなどトルク値を測定できる機器を用い、締め過ぎないようにする。
 
  締めすぎによるボンネット破損   締めすぎによるボンネット破損  
  流体入口付近に発生した割れ   流体入口付近に発生した割れ  
 

 
流体が外部に漏洩

デポジットアタック(孔食)

内容: チューブ内面の堆積物によって、その下の隙間部の溶存酸素が欠乏し周囲との間に酸素濃淡電池が形成され、堆積物の下が侵食され、破孔に至る。
また、スケールや泥などがたまっている部分の金属は温度が上昇するため周囲の金属と温度差が生じ、電池作用が発生し腐食を生ずる。
対策: ストレーナーなどのろ過設備を熱交換器の前に設ける。
定期的な点検及び清掃(汚れの具合にもよりますが通常年1回)の実施。
 
デポジットアタック
シェルに発生した孔食
 

 

溝食

内容: 使用環境によっては電縫部に溝状の選択腐食が発生し、腐食孔内と外部での酸素濃淡電池作用により、溝食へと進展し、更に貫通する現象。
対策: 当社では、耐溝食電縫鋼管を使用しており従来の電縫鋼管に比べて溝食が発生する可能性は低いですが、それでも発生してしまう場合は、 使用環境を変更するか、シームレス管を使用してください。
定期的な点検及び清掃(汚れの具合にもよりますが、通常年1回)ストレーナーなどのろ過設備を設ける。
シェルをステンレス製もしくはチタン製に変更する。
 
  溝食   溝食  
  シェル内に発生した溝食   シェル内に発生した溝食